youtuber

田口智(新潮記者)はどんな人物?これまでの経緯をわかりやすく解説

2022年5月18日

青汁王子こと、三崎優太さんに反社会勢力と関係があると嘘の記事を書かれ、精神的にも嫌がらせをし続けている田口智さん。(新潮社)

 

いったんは、和解したと思われていましたがまにはた、三崎さんのツイッターには新たな事実が書かれていました。

悪質極まりないということで、ついに我慢の限界がきたのでしょうね。

そのように、誹謗中傷行為をし続けている田口智さんという新潮社の記者の方はどんな人物なのでしょうか?

 

また、このような行為に至る経緯は何なのでしょうか?

 

2022年5月20日、三崎さんは自殺を図ってしまいました。(この件も原因の一つであると思われます)

この件に関して早速見てみましょう。

田口智(新潮記者)はどんな人物?

三崎さんを困らせている田口智さん。

『新潮社』の編集部副部長をしている方のようです。

 

SNSやFacebookなど探してみましたが、本人であるという証拠のある画像などは載っていませんでした。

また、年齢なども公開されていないのでどのような人物なのか特定はできませんでした。

 

事の発端は、2020年9月頃に書かれた記事だったそうです。

三崎さんが、反社会的勢力と関係していると嘘の情報を流され、三崎さんは闘い続けました。

そして、2022年の3月に裁判の判決が出ました。

 

新潮と田口智さんに対して220万円の支払が命じられた

 

それにもかかわらず、まだ三崎さんに対して嫌がらせを続けているそうです。

 

それに対して、事実を公開し今回新たに三崎さんが動きだしたようです。

このような、気持ちにさせたほど本当に酷いことをしているようですね。

 

そもそも、なぜそのような嘘を流したのでしょうか?

田口さんはなぜ、嘘の情報を流したの?

そもそも、嘘の記事を書いた理由として、

嘘の情報を流した理由

三崎さんに反社認定させれば、製薬会社を乗っ取れるから

 

その製薬会社というのが、「アスクレピオス製薬」という会社でした。

その会社の株を一番多く(60%くらい)持っていたのが、三崎さんだったそうです。

 

そもそも越山氏(元アスクレピオス製薬社長)が同製薬会社の経営に失敗し、前の株主と揉めているので、お金を貸してほしいと泣きついてきて、その後株を買い取ってほしいと言われて株主となったそうです。

ちなみにこの、会社は三崎さんの活躍で年商1億円から60億にまで成長しました。

 

しかし、後に多額の金を横領、悪徳情報商材業者に会社の金を流す等の多額の不正が発覚したそうです。

 

不正を追及したところ、最初は謝罪をした。しかし、数日後にとんでもない凶行が発覚

越山氏は突然「三崎は反社会勢力なので株主ではない」と言いだす

ロジックとしてはそもそも反社会勢力だから株式譲渡は無効というものだった。そうすれば自身の不正を追及されず、会社を乗っ取れると計画したのだ。

何とも恐ろしい計画ですよね。。。

三崎さんをハメるため、そして自分たちの利益のために動いていたそうです。

とても悲惨な事実ですね。。。

頭のキレる三崎さんに対して嫌がらせという卑怯な手を打ってきましたね。

そして三崎さんはついに、自殺を図ってしまいました。。。

青汁王子緊急搬送の理由とは?自殺が原因?通報者や経緯について

青汁王子こと三崎優太さんが、2022年5月20日の未明に緊急搬送されたとの情報が入りましたがその理由は何なのでしょうか?   また、通報人や緊急搬送となった理由は何なのでしょうか? NEWS ...

続きを見る

スポンサーリンク

田口智(新潮記者)はどんな人物?まとめ

三崎さんを困らせている田口智さん。

『新潮社』の編集部副部長をしている方のようです。

 

SNSやFacebookなど探してみましたが、本人であるという証拠のある画像などは載っていませんでした。

また、年齢なども公開されていないのでどのような人物なのか特定はできませんでした。

裁判が続き、判決が出た後もいまだに嫌がらせが続いているようです。

 

我慢の限界に達した三崎さん。自殺を図ってしまったほど精神的にも追い詰められてしまいました。

なんとか一命をとりとめることができたので、安心しましたね。

今後の動きにも注目していきたいですね。

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。家事をいかに時短できるか日々考えています。

-youtuber
-,

© 2022 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5