お悩み

避妊リングをつける意味とは?生理痛や子宮体がん等の効果も期待できる

モデルの益若つばささんが避妊リングをつけたことで、話題となった【避妊リング】

 

避妊リングとはどんな意味があるのでしょうか?

また、避妊リングをつけたことでどうなるのでしょうか?

 

その名の通り避妊させるだけではなく生理痛が酷い方など注目が集まっています。

 

避妊リングをつける意味とは何か詳しく見てみましょう。

 

避妊リングをつける意味とは?

避妊リング

避妊リングは子宮の中に挿入して避妊できるようにする器具です。

 

その名の通り、避妊するものですね!

もともとリングの形をしていたそうで名前がリングとついていますが、挿入しやすいT字の形となっているようです。

 

多くの避妊法の中では、一番避妊効果が高い方法

だそうで、

長期にわたって使用する方向けのようです。

 

毎日内服したり、性交渉のたびに準備するといった手間が省けるのが特徴です。

なんと一回の挿入で5年間の効果があるようです。

 

避妊だけではなく生理痛などにも効果が高い

益若つばささんも、生理痛を抑えるために使用しているとのことでしたが、生理痛や子宮体がん予防にも効果が高いようです。

 

ポイント

✅月経困難症(生理痛)や特発性(原因がはっきりしない)過多月経の症状緩和に非常に効果がある。
✅子宮内膜増殖症(単純型)に有効性が認められている。
✅子宮体がんに対する予防効果が期待できる。
✅子宮内膜症・子宮腺筋症の症状緩和に有効である。

 

避妊予防や生理痛だけではなくてこんなにもメリットがあるようです!

 

こんな方におすすめ

  • 経産婦(経腟分娩したことがあるご婦人)の長期避妊
  • 月経困難症
  • 子宮腺筋症(軽症)
  • 特発性過多月経
  • 子宮内膜増殖症(単純型)
  • 乳がん術後のホルモン療法に伴う子宮内膜肥厚予防
  • 閉経後ホルモン補充療法の黄体ホルモンサポート

 

なぜ避妊や生理痛が軽くなるの?

ミレーナ(避妊リング)| 新宿駅前婦人科クリニック | 東京都の取り扱い病院・費用・保険適用

出典:新宿駅前婦人科クリニック

正確な理由は実はわかっていないそうです。

ただ、以前から子宮内に異物があると妊娠しにくいことがわかっていました。

異物⇛子宮に炎症を起こし、精子に影響する

金属の銅に殺菌作用がある⇛さらには精子の働きも低下させる。

 

こういったことから避妊の効果があるのではとされています。

もちろん正確な理由はわかっていないのですが、効果としては実証されています。

 

銅付加タイプのIUDで99.2%、ホルモン放出タイプのIUSで99.8%の避妊率です。

 

また、避妊リングを挿入することで子宮内膜が薄くなり、経血量が減ります。その結果、月経痛などの軽減が期待できるのです。

 

 

世界中で現在150か国1千万人を超える方が使用しているようです。

中にはもちろん合わないという方もいらっしゃるようですが、1000人に一名の割合だそうです。

 

どんな方が向いているの?

経産婦さんは簡単に装着できるようです。

一度子宮が開いたことがあるので柔らかくなっているからです。

 

✅これ以上妊娠を望まない方

✅次の出産まで開けたい方

✅長期にわたり妊娠を望まない方

 

近くの病院で相談してから実行しましょう。

 

 

避妊リングをつける意味とは?まとめ

避妊したい方はもちろんですが、その他にも

✅月経困難症(生理痛)や特発性(原因がはっきりしない)過多月経の症状緩和に非常に効果がある。
✅子宮内膜増殖症(単純型)に有効性が認められている。
✅子宮体がんに対する予防効果が期待できる。
✅子宮内膜症・子宮腺筋症の症状緩和に有効である。

このような効果があるようです。

 

妊娠を望まない方や生理痛に悩んでいる方などおすすめできるものですね。

実際に益若つばささんが公表したことでこのように知名度が上がったようです。

 

性教育が遅れているといわれている日本だからこそ、こういったものについてもよく考え

いいものは使用していき自分の身体も大切にしていきたいですね!

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。家事をいかに時短できるか日々考えています。

-お悩み
-,

© 2021 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5