お悩み

LINEの個人情報が中国に対策はどうする?わたしたちにできること

国内8600万人が利用しているとされる「LINE(ライン)」

LINEはトーク機能だけでなく、電話やゲーム、音楽配信、電子決済や証券取引などさまざまなサービスを提供していますよね。

 

そんなLINEの個人情報が中国人技術者が利用者の同意なく個人情報を見れることがわかりました。対策はどうすればいいのでしょうか?

 

ユーザーの名前やメールアドレスといった個人情報に加え、トークや写真も閲覧できる状態だったそうです。

 

一体どういうことなのでしょうか?

なぜみられるのでしょうか?

 

LINEの個人情報が中国人技術者に見られていたという情報を受けて今後同対策をしていけばいいのでしょうか?

個人情報を守るためにもくわしくみていきましょう。

 

LINEの個人情報が中国に対策はどうすればいい?

LINEの個人情報が中国人技術者に見られていたというのはどういうことなのでしょうか?

 

LINEは国際競争力を確保するため、海外企業に一部の作業を委託して開発スピードを上げているそうです。

社内ツールやAI、LINEアプリ内の機能の開発を中国企業が行っており、LINEは作業に必要な情報として、ユーザーの個人情報にアクセスできるようにしていたそうです。

 

 

個人情報保護法の改正やヤフーとの経営統合に向け、サイバーセキュリティ体制を見直す中で問題が発覚。LINEは当該企業のアクセス権限を変更し、個人情報の閲覧と利用を停止。その後、政府の個人情報保護委員会に経緯などの説明を行った。

出典:ITmediaNEWS

個人情報保護法では、海外からの個人情報へのアクセスは利用者の同意が必要とされています。

 

しかしLINEは、利用者に十分な説明をしていませんでした。

 

外部からの不正アクセスや情報漏えいが発生したということはないといいますが、問題なのは国家が情報を管理している中国で起きたということのようです。

 

なんとなく、日本より管理が甘いかもとついつい思ってしまいがちですよね。

 

今後の対応について、

「プライバシー性の高いデータへのアクセスを伴う業務の国内移転を進めております。データの海外移転に関しては国名の列挙などを含め、明確で分かりやすい説明を行ってまいります」

出典:ライン

説明はもちろんのこと、やはりデータを扱うにあたって国内が一番安心ですよね。

今のところ悪用されたという情報はないので、今後どう対応していくのかが注目されます。

 

そもそもインターネット上でのやりとりは危険性もある

パソコンやスマホでインターネットを使用して簡単にやり取りできる時代ですが、そもそもセキュリティ面では今回のように第三者に見られたり

一番は【データが残ってしまう】ということを常に意識したほうがいいということですね。

 

書面では焼けてしまったり紛失してしまったら残りませんが、ネット上ではデータが残ります。

実際に事件が起きた際、重要な証拠としてラインのやり取りを見られたりします。(データを消したとしてもみられます)

 

個人情報が守られている時代でも、こういった面で逆にさらけ出されてしまうこともあるので開発する側も対策を変えていかなければいけませんね。

 

便利なものをすべて使うのではなく、これからは【自分の身は自分で守る】といった対策をとる必要がありそうですね。

 

『みんな使っているから』という理由だけでは疎かで、果たして安全性はどうなのか?ということを意識することが大事となってきますね。

そして、LINEの対応も適切にユーザーにとっても安全安心して使えるものになるようにしてほしいですね。

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。家事をいかに時短できるか日々考えています。

-お悩み
-, , ,

© 2021 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5