お悩み

足の角質とり効果のあるもの5つご紹介!面白いほど綺麗になる

暖かい季節になると気になるのが「足の角質 」ですよね。

私自身ガサガサになりやすいので、定期的にケアをしないと悲惨な状況になります。

 

そこで、足の角質とりの効果のあるものとは何なのでしょうか?

 

夏場ってサンダルをはいたり足のかかとが見えてしまう機会が多いのですが、ガサガサでひどいときはひび割れになっていることもあります。

そうならないためにも、ケアは必要になってきますよね。

 

この記事を読むことでわかること

✔角質とはそもそもなにか

✔なぜ分厚くなってしまうのか

✔足の角質とり効果のある方法がわかる

ツルツルで綺麗な足を目指しましょう!

 

足の角質とり効果のあるもの5つご紹介

 

ではさっそくですが、どの様なことをすれば足の角質が厚さが改善されるのでしょうか?

さらに予防方法もお伝えしていきます。

 

また、後半ではなぜ角質がたまってしまうのかもご説明しますね!

BEAUTY FOOTやすりで角質とり

こちらは実際にエステでもお客様にしようしていたものです。

人間の手で削っていきますので、力加減や細かいところまでやりやすいです。

荒い面で削り仕上げに細かい面で仕上げ削りをしていきます。

わたしも長年愛用していますが、価格も安いのでお手頃ですよ。

削ったあとは必ず保湿を忘れずに!!(ワセリンもおすすめ)

電動角質リムーバー

こちらはスイッチ一つで角質をやすりで削ってくれるものになります。

電動なのでとても簡単ですよ!!

こちらも削ったあとは必ず保湿を忘れずに!!(ワセリンもおすすめ)

強く力をかけ過ぎないこと!!深く削ろうとして強く押してしまうと回転が遅くなり、削る力が弱まり逆効果です。なので、丁寧にゆっくりやりましょう。

部分的に落とすクリームで角質除去する

こちらは、部分的に分厚くなった角質の上にクリームを塗り、しばらく置いてから剥がすと、なんと!!古い角質まで一緒に剥がれるという画期的なもの♪

私もかかともですが、足の裏の母趾球(ぼしきゅう)と呼ばれる地面を蹴るときに一番当たる部分が固くなり、悩んでいましたが、これを使用したら一気に改善されました!!

また、塗った後は保湿力も高まります。タコもできやすい部分なのでおすすめです。

ガチガチ足裏を集中保湿パックで柔らかくするクリーム

保湿効果の高い靴下を履く

こちらは、予防にはなりますが、保湿性を高めていくことで、乾燥を防ぎ、ガサガサやひび割れの予防ができます。

かかとシートパック

こちらの商品は、ブーツのようなシートが入っておりその中に保湿力の高い美容液が入っています。

こぼれないように裸足で60分~90分くらい履きます。(TVでも見てリラックスしていましょう)その後は美容液が残らないようにきれいに洗いながします。

約1週間後・・・

☞足裏の角質がぽろぽろととれていきます!(ぺろんと気持ちよくとれることも)どんなに厚い角質でもきれいにとれますよ♪

初めて体験したときは感動しました!!!
パンダ君

✔痛くない

✔しっとりする

✔簡単

この三つが兼ね備えたアイテムだなと感じました♪

なるべく足が冷えていない状態で行ったほうが効果倍増です!!

そもそも角質ってなに?

【角質とは】

人間の皮膚は、一番外側を覆っている「表皮」、表皮を支え、皮膚の形や弾力を保つ働きをしている「真皮」、さらにその下で皮膚を支え、肌に栄養を運んだり老廃物を排出したりといった働きをしている「皮下組織」の3層構造になっています。

表皮は絶えず生まれ変わっており、古い表皮は皮膚の表面に押し出されて剥がれ落ち、垢になります。

これは肌のターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる仕組みで、表皮はだいたい28日毎のサイクルで新しく生まれ変わっています。

 

この皮膚の表面に押し出されてきた、剥がれ落ちる前の古い表皮を「角質」と言います。

 

角質は平均0.02mm程度の薄い膜ですが、肌をバリアする機能と保湿する機能という大切な役割を担っています。

なぜ角質は厚く溜まってしまうのか

特にかかとの角質はなぜあんなに分厚くなってしまうのでしょうか。

 

✔足の裏が常に外部からの物理的な刺激にさらされているから

立ったり歩いたりすることで起こる、床や靴下、靴との摩擦から足を守るために、足の裏の角質はどんどん厚く、硬くなるのです。

立ち仕事や、外回りなどで歩くことが多いお仕事をされている方や、足に合わない靴を履いている方は足が靴の中ですれてしまうなどが原因で、足の裏に余計な刺激がかかり、特に足の裏の角質が硬くなってしまうのです。

 

血行が悪いと肌のターンオーバーが遅れ肌の生まれ変わりが遅くなるから

手足が冷えやすい方(冷え性)の方は特に、ターンオーバーが遅くなる傾向にあります。

それにより、古い角質がいつまでも残っているということにつながります。

冷え性などで足先が冷えていると、血行が悪くなり、肌のターンオーバーを遅らせる原因になることもあります。子供の足はつるつるしてますが、ターンオーバーが早いからとも言えます。

 

✔足裏に分厚くなった角質には水分が浸透しにくく、乾燥しやすい

足裏には皮脂腺がないため、分厚くなった角質には水分が浸透しづらく、やがて乾燥し、かかとにひび割れやカサカサした状態となってしまいます。

さらに、この状態が悪化して足が痛くなる場合もあります。足に合った靴を選び、こまめに古い角質を取るなどのケアをしていく必要がありますよね。

足裏の角質が厚いと臭くなる?

足が臭くなる原因は、汗や汚れもありますが、角質が溜まっていることも大きく関係しています。

これが原因

足の裏の皮膚は分厚くて、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、その剥がれ落ちた角質が垢となり、菌の繁殖を増殖させる格好のエサとなってしまうのです。

 

さらに、汗などが混ざると菌が繁殖し、繁殖した際に出す老廃物として強い臭いを放つようになります。

 

足の裏は、最も汗腺が密集した場所です。

さらに靴下やストッキング、ブーツなどで密閉されるため足の温度が上昇し汗も蒸発せずに湿気がおびてくる場所なので、菌が繁殖しやすい環境でもあります。

そこで、菌のエサとなる角質を取り除くことで、臭わない足に近づけることができます。

 

やはりケアは大事なので!

暖かくなってきた今だからこそ、おうちでケアをしっかりしましょう!

足の角質とりについてまとめてみました

足の角質が厚くなる原因として

足の裏は常に刺激されているから

血行が悪い方はターンオーバーが遅いから

分厚くなった角質はさらに水分が浸透せず乾燥しひび割れガサガサに

効果的方法

BEAUTYFOOT、電動リムーバーで角質取り

部分的にクリームを塗る

保湿性の高い靴下を履く

かかとシートパックを使用

みなさんも今日からしっかりケアをして臭いもガサガサもない素敵な足になりましょう!

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。家事をいかに時短できるか日々考えています。

-お悩み

© 2021 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5