防災

地震保険はどこまで補償してくれるのか?いざという時役立つ情報

2021年2月19日

近年、地震が頻繁に起こり、2011年の東日本大震災からさらに防災意識が高まっていると思います。

 

東日本大震災から10年が経った2021年。また震度6強という強い揺れが起こりました。

東日本だけでなく、南海トラフ地震や首都直下型地震も懸念されていますね。

 

せっかく建てた家が津波で流されたり、建物が崩壊したりしてしまいローンだけが残ってしまうといった最悪なケースも多いです。

 

そこで、地震保険はどこまで補償してくれるのでしょうか?

 

入ったほうがいいのでしょうか?

 

地震保険がどこまで補償してくれるのかどうかくわしくみていきましょう。

地震保険はどこまで補償してくれるの?

近年、大きな地震が多くこれから起こるであろう南海トラフ地震、首都直下型地震などの備えのためにも注目されている【地震保険】

 

そもそも地震保険とは

地震や噴火、津波などを原因とした住宅の損害を補償する災害保険のことです。

民間保険会社が負う地震保険責任以上の損害を、日本政府が再保険するという国の制度です。

 

民間保険会社がやっているわけではなく窓口になっているということのようですね!

 

そもそも住宅には火災保険をかけるのが一般的なので、地震保険は火災保険とセットで契約するようになっています。

 

建設中の建物でも【居住用】であれば保障の対象となるようです。

 

保障してくれる内容

✔建物は住居のみに使用される建物および併用住宅

(併用住宅とは一階が店舗で二階が住居など店舗と一緒になっている建物)

✔居住用の建物内にある家財一式

(テレビや食器、衣類などです。キッチンやトイレは建物に含まれます)

 

家財と建物に分けられます。

家財は契約金額の上限が1,000万円

建物は契約金額の上限が5,000万円

 

補償割合は、【全損】【半損】【一部損】で変わってきます。

全損⇒100%

半損⇒50%

一部損⇒5%

 

補償割合の目安

【全損の場合】。

建物⇒柱や壁など(主要構造部)の損害の割合が50%以上、または焼失・流失した床面積が70%以上の場合に認定される

家財⇒家財の損害の割合が80%以上の場合に認定される。

 

【半損の場合】

建物⇒柱や壁等などの損害の割合が20%以上50%未満、または焼失・流失した床面積が20%以上70%未満の場合に認定される。

家財⇒家財の損害の割合が30%以上80%未満の場合に認定される

 

【一部損の場合】

建物⇒柱や壁などの損害の割合が3%以上20%未満、または床上浸水や地面から45センチを超える浸水があり損害があった場合に認定される。

家財⇒家財の損害の割合が10%以上30%未満の場合に認定される。

トカラの法則とは?どのくらいの確率がある?

熊本地震から早5年が経ちました。 最近ではまた、トカラのほうでの地震が多発しています。 2021年4月9日の夜から12日までおよそ200回を超える揺れが発生しています。   これには、トカラ ...

続きを見る

地震保険で補償されないものとは?

✅居住として使用していない建物

(事務所専用の建物や工場、店舗は補償されません)

 

✅30万円を超えるような高価なもの(貴金属や美術品等)、または稿本、設計書、模型、帳簿など

 

✅現金、預貯金証書、印紙や切手、通貨や有価証券

 

✅営業用什器・備品(机やプリンター、コピー機など)

 

✅自転車

 

✅盗難による損失

 

 

などがあげられます。

 

地震保険に入ると地震保険料控除がうけられる

区分 年間の支払保険料の合計 控除額
(1)地震保険料 50,000円以下 支払金額の全額
50,000円超 一律50,000円
(2)旧長期損害保険料 10,000円以下 支払金額の全額
10,000円超
20,000円以下
支払金額×1/2+5,000円
20,000円超 15,000円
(1)・(2)両方がある場合 (1)、(2)それぞれの方法で計算した金額の合計額(最高50,000円)

出典:国税庁

 

最大で50,000円の控除がうけられるそうですね。

 

地震保険に加入するには【火災保険とセット】となります。

また、業者によって金額が変わることもないようです。

 

地震で崩壊してしまってローンだけが残る・・・といったことのないように備えておきたいですね。

愛知県の地震は震度3地震はどんなことに備える?

  2021年2がつ18日。 愛知県で震度3の地震がありました。 SNSでもかなり話題となっています。   寝ている時間帯ですが、近年地震も多く、先日東日本大震災の地区で震度6強を ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。趣味はキャンプです。

-防災
-, ,

© 2021 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5