ドラマ

青天を衝けの子役はだれ?【小林優仁】と【笠松基生】演技に注目

2021年2月16日

2021年2月にスタートした大河ドラマ『青天を衝け』

初回の視聴率がなんと20.0%だったという好調の出だしです。

 

主演の吉沢亮、草彅剛など、キャストの豪華です。

そんな中『青天を衝け』の子役はだれなのでしょうか?

 

大河ドラマでなにかと話題になるのは子役です。

 

どんな子でどんな演技を見せてくれるのか。

 

『青天を衝け』の子役はだれなのか詳しく見てみましょう。

 

青天を衝けの子役はだれ?1人目は【小林優仁】

 

吉沢亮が演じる主人公の渋沢栄一の幼少期を演じる子役は、小林優仁(まさひと)9歳です。

出身地は東京で、2011年4月25日生まれです。

 

2017年6歳の時に歌舞伎座公演に出演して芸能界デビューを果たしています。

 

ですがなんと今回がドラマ初主演のようです。

可愛らしいその顔立ちに人気が集まっているようです。

 

さらに演技で楽しいこと思うことを聞かれた際に、

ニュアンスを探していく作業が楽しいです。あとは、小林優仁から『渋沢栄一』に変わる瞬間!

と回答したそうです。

 

凄い9歳ですね(笑)

 

また音楽が好きで自分でもipadを使って、音を重ねて編集したり曲作りをしているそうです。

今後が楽しみでならないですね!

 

青天を衝けの子役はだれ?2人目は【笠松基生】

草彅剛が演じる徳川慶喜の幼少期を演じる子役は笠松基生(もとい)11歳です。

出身地は神奈川県で、2009年12月3日生まれです。

11歳にして身長162㎝という高身長です。

 

事務所はアミューズに所属しています。

 

特技は指の柔らかさやハンドスプリングだそうです。

2015年に『BEST KIDS AUDITION 2015』でグランプリを獲得したことで芸能界入りしました。

 

キッズモデルとして雑誌やCMなどのモデルとして活動中です。

2018年ころからはドラマや映画にも出演して俳優活動も行っています。

 

出演したドラマや映画

2017年:人類学者・峰久美子の殺人鑑定(ドラマ)

2018年:崖っぷちホテル(ドラマ)

2018年:パパはわるものチャンピオン(映画)

2018年:anone(ドラマ)

2019年:あまんじゃく元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む(ドラマ)

2019年:神酒クリニックで乾杯を(ドラマ)

2020年:水曜日が消えた

2021年:さんかく窓の外は夜

 

11歳にして数々のドラマや映画に出演していますね!

大人っぽい顔立ちと声で11歳とは思えないほどです。

SNS上でも年齢を感じさせない演技やシルエットで好評でした。

 

大河ドラマがきっかけでさらに名が知られる子役の『小林優仁』『笠松基生』

2人の今後の活躍にも注目ですね!

 

  • この記事を書いた人

nikoniko

トレンドやニュースなどの最新情報を皆様にお届けしています。 普通の主婦で3人の男の子を育てています。家事をいかに時短できるか日々考えています。

-ドラマ
-, ,

© 2021 ニコニコブログ Powered by AFFINGER5